新入部員大歓迎

  早大バーベルクラブについてはこちらをご覧下さい。

  バーベルクラブでは、いつでも新入部員を大募集しています。新歓の時期でなくても全然構いません。

 

  バーベルクラブでのトレーニングは、どんな目的でも構いません。たとえば、

 ・ボディビルディング、パワーリフティングに取り組みたい

 ・ウェイトトレーニングを勉強したい

 ・スポーツでのパフォーマンスを向上させたい

 ・大学に入ったのだから自分を変えてみたい

 ・受験勉強や大学生活でなまってしまった身体を鍛えなおしたい

 ・痩せたい、スタイルを良くしたい

 ・健康のために運動を習慣にしたい

 ・マッチョな体を手に入れてテレビに出てみたい

 ・自分の限界に挑戦してみたい

 ・自分を馬鹿にしていた奴を見返したい

 etc...

 バーベルクラブは、あなたの希望を叶えることのできるサークルです!

 

 バーベルクラブは、二年生以上、大学院生の入部も歓迎します。実際、毎年のように多くの2~4年生が中途入部しており、院生も少数ながら在籍しています。

 

 バーベルクラブは、女子学生・マネージャーの入部も歓迎します。2016年10月現在、3名の女子部員が在籍しています。彼女達は皆熱心にトレーニングに取り組んでいます。

 

 

 トレーニングは、何よりも継続して行うことが大事です。そのためには、1人でやるよりも皆で楽しくやるほうがいいのです。大会に出て成果を収めるもよし、テレビに出演してお金を稼ぐもよし、合宿で弾けるのもよし…バーベルクラブは、あらゆる可能性を秘めた究極のオールラウンドサークルなのです!是非私たちと一緒にトレーニングをして、新しい自分を作っていきましょう!

 

  少しでも興味をもたれた方は、是非こちらのメールフォームよりご連絡ください!

 

新入部員へ(部員からのメッセージ)

2012年卒 梶田竜嗣

新入生の皆さん、はじめまして。そして御入学おめでとうございます。
僕はバーベルクラブの4年生で、ボディビルをやっています。

「ボディビル」と聞くと皆さんきっと、こんがりと日焼けした屈強な男達が裸でポーズをとっている、例のあの光景を思い浮かべることでしょう。初めは僕自身もそうでした。そしてだからこそボディビルに対して幾分かの抵抗もありました。

しかし同期に誘われるままに大会に出場してからは、その奥深さの虜になっています。

確かに選手が最も輝くのはあのステージ上であることは確かなのですが、ボディビルの本質はむしろ、自らを規律ある生活の中に置くことにあります。

厳しいトレーニングで身体を追い込むのは勿論、健康的な食事を摂り、十分な休養をとって身体をいたわり、ときには身体の仕組みや栄養の知識に関して勉強もする。
生活の隅々に気を配りながら、昨日より今日、今日より明日と、少しずつでも自分の成長を目指して1日1日を踏みしめていく。
そうした日々を通して、とても基本的でとても大切なのだけれど見失いがちな、自分の身体(更にはその奥にある精神)と正面から向き合える。
これこそがボディビルの魅力なのだと思います。

何もムキムキになってコンテストに出ることだけが「ボディビル」ではありません。
「強くなりたい」「健康になりたい」「痩せたい」…きっかけはなんでも構いません。それぞれの理想に向かって行動を起こそうと決意したとき、あなたの「ボディビル」は始まるのです。

そしてここには、それを支える最高の設備と、向上心に燃える仲間が揃っています。
バーベルクラブでなら変われます!
1年前は50kgのバーベルしか挙げられなかった僕だって、今では100kgを挙げられるようになっているんですから!

次はあなたの番です。僕達は、まだ見ぬあなたと一緒にトレーニングできる日を楽しみにしています。

 

いつでも、ここから連絡してください。 みなさんの入会お待ちしています!

Daniel [1年間交換留学生 日本語専門学部(別科)](現在は、母国英国)

Hi guys, what’s up! ()


As one of the exchange students who joined the barbell club, I want to tell you a bit about the club and my experience over the past year. I joined WBC at the end of November 2009 with the main aim of getting in shape with some people who knew what they were doing, while at the same time maybe making a few new Japanese friends. There are many people who are in the club to compete in power-lifting or bodybuilding competitions, but really as long as your goal is to get your butt in the gym the reasons behind it don’t matter.


At the time I joined I was 98kg at 179cm and apart from a bit of half-hearted time on my own spent in the gym, I was pretty much a beginner. From the beginning everyone was really helpful and with some advice I got a real routine going to get in shape. Of course, being the only foreigner at the beginning and having joined half way through the term, the first month or so I didn’t really get that close to anyone in the club. Once the holiday started though we all started hanging out together much more and I’ve now made some friends who’ll last me the rest of my life! My Japanese has also improved more than it ever could have with just lessons by being around with these guys all the time! Club culture in Japan is like nothing we have back home in the UK and it’s really like joining a family; we train together, joke around, go out places, compete with each other, and in general just have a blast.


As far as my goals in the gym, through everyone’s help and my own obnoxiously competitive mindset, I’ve gone from 98kg (and probably around 30% bf) to 80kg at 16% body fat in around 8 months. I’ve gotten a hell of a lot stronger and look a hell of a lot better! I’ve still got a little while to go before I lose all the gut fat, but when you see the bumps on your biceps or your abs get bigger and more defined it’s an amazing thrill! I cannot even begin to tell you how grateful I am to WBC and I hope others can have the same kind of experience I did!

 

Come and join us!!

 

11年卒 佐山 一史

 

 大学生活はいろんな誘惑があり、自分を見失いがち。そんな中で何か一つぶれない軸があれば、決して迷いは出ない。
 そんな僕の軸はウェイトトレーニング。日々の生活の中で、自分の成長を一番感じることができるからだ。高校時代はボクシング部に入っていたため引き締まっていたものの、浪人したためすっかりぽっちゃりになってしまった。だが、バーベルクラブと出会い、ウェイトトレーニングを始めてからは変わった。最初は軽い重量しか扱えなかったのも、続けているうちに重い重量を扱えるようになり、それに伴って身体が変わってきた。身体が変わると自分に自信がつき、行動もアクティブになり、そうすると日々の生活でもいい結果がついてくるようになった。
 そんな僕は、現在このウェイトトレーニングで、どこまで身体を発達させ、いかにカッコイイ身体かを競うボディビルをやっている。最初は「ボディビル」という言葉に少し抵抗があり、周りに言うのも恥ずかしかったが、真剣にやっていれば、誰もバカにしないし、むしろすごいとほめられ、いつも話のネタになる。今年は最後の大会で、とにかく今までの集大成になるように、現在全力でトレーニングしている。
 大学生活で、何かやろうと「アツイ心」を持っている人にとっては、バーベルクラブはきっと最高の環境になると思う。トレーニング場でお待ちしています。

 

いつでも、ここから連絡してください。